BLOGブログ

2020年06月26日

職場の人間関係でやってはいけない6つのこと

職場ストレス

職場に苦手な人がいる


上司が苦手で毎日が辛い


気持ちすごくわかります。僕も転職を繰り返した時のことを振り返ると、人間関係でかなり苦しんでいました。


当時は苦しみながらもどうしたらコミュニケーションが上手くなるかな?とかどうすれば同僚や上司にイライラしたり感情的にならずにすむだろうかと言うことを勉強しながら実践してきました。


この記事では人間関係で疲れないためにやってはいけないことと、逆に自分が実践してきて効果があった方法を心理学を交えてあなたに全力で紹介していきます。




この記事を書いたのは


長野憲次


転職歴27回の元プロボクサー


現在は転職支援、健康経営など働く人のサポートをする美プログラムの代表






 

人間関係においてやってはいけない6つのこと




1、苦手な人だと決めつけてしまう
2、苦手な人の嫌な面ばかり見てしまう
3、嫌な上司を利用しないのはもったいない
4、苦手な人を味方につけるために
5、頑張ってくれない部下のやる気をあげる方法
6、伝わらないを解決するために

では順番に見ていきましょう!

 

 

1、苦手な人と決めつけてしまう


苦手な人に対して苦手だと感じる理由って実は曖昧で、自分の決めつけで作り上げてる場合が多いんですね。この人はこんな人だから嫌な人みたいな。


なぜなら人ってわからないものが最も怖いので、無意識に何か特徴を見つけてグループ分けしてるんです。これを心理学でラベリングと言います。


勝手な自分の価値観で決めてるのにそれで他人を理解したと思い込んで安心しているんですよね。これは誰でもやってしまうことです。


例えば、僕は昔から声がでかい人が苦手だったんですけど、理由はほんとに曖昧で、声大きい=傲慢な性格みたいな勝手にイメージを作り上げてました。


声が大きくても傲慢じゃない人も当然いるし、逆に声が小さくても傲慢な人だっている。考えればわかることですが人はこれをやってしまいがなんですよね。


男だから〇〇、女だから〇〇
これも典型的なラベリングですよね。


あなたが苦手だなと感じている人も、もしかしたら本当はよく理解してないのにイメージで決めつけて苦手だと感じてるかもしれません。

 
今すぐできるアクション

このラベリングという心理が自分には働いてるんだという事実を理解してください。その上で次に紹介する方法を行うと苦手な人に対しての意識が少し変わります。




 

2、苦手な人の嫌な面ばかりみてしまう


1度でもこの人苦手だなと感じると、その人の嫌な部分ばかりが目に付くようになります。


なぜなら1でも説明したように、少しでも苦手な部分があるとこの人は〇〇だというようにラベリングしてしまいます。


そしてその自分の考えが間違っていないことを確認したい心理が働くので、〇〇の要素を無意識で探してしまうのです。


そうなると苦手意識はますます増すばかりです。(ダジャレじゃありません)



今日からできるアクション

その人の良い面を探してみましょう。もし仮にその人の良いところが見つからなかったとしても大丈夫です。


その人のマイナスなところばかりに向いていた意識が少し和らいでイライラする気持ちも少しおさまります。


苦手な人の良いところ探しなんてバカバカしいかもしれませんが、あなたのストレスが少しでも和らぐかもしれないのならやった方がいいですよね?




 

3、嫌な上司を利用しないのはもったいない


嫌な人、苦手な人が上司だったら毎日地獄ですよね?


そんな上司にまともについていくのはやめて反面教師にしてしまいましょう。

なぜ反面教師にすることをオススメするのか説明しますね。

人がストレスを受けた時にとる行動は3つにわかれます。
1、ストレスを受けたこと(相手)に対して愚痴や文句を周囲に話してストレスを解消する。
2、自分1人で抱え込んで我慢する。
3、ストレスを利用して行動につなげる

この中で最もストレスレベルが低いのは3の行動です。

ストレスを利用できるという考え方を持つことでストレスからの反応が変わります。

これはアメリカのスタンフォード大学の研究でもわかっていますが、ストレスに対しての考え方次第で、良くも悪くも体に影響を与えるストレスホルモンの種類が変わるようです。

こちらの記事で解説しています。仕事ストレスの負のループを抜け出す意外な方法

 

嫌な上司の特徴


・矛盾した指示を出してくる
・感情が不安定
・自分が無能なのにえらそう
・口が悪い
・自己中
・いつも説教くさい

などなど色々あるかと思いますが、これをあなたが絶対しないようにしようと決めてください。


自分は下の人に慕われるためにこの嫌な上司と真逆なことをしようと決めるのです。そうするとある意味、上司があなたにとっての教材になります。


上司がただの嫌な人だなという認識より、嫌な人だけどある意味学ぶことができてると感じるだけで、ストレスレベルが下がります。


嫌な上司を反面教師にする方法が最善の方法かどうかはあなたの現状にもよりますが、とにかくストレスを利用するという考え方を持ってみることをオススメします。




 

4、苦手な人を味方につけるために


苦手な人もあなたの味方になってくれたら人間関係が楽になります。


味方にするにはその人のパーソナルな部分を理解してあげることです。

人は誰もが自分のことを他人に理解してほしいと思っているのでそこを満たしてあげます。


人は自分の価値観やこだわりみたいなところを褒めてあげると褒められた相手に好意を持つことがわかっています。


例えば学生時代にやっていた部活の話や初恋の話など、パーソナルな部分を聞き出せると👍ですね。


この質問はある程度距離が近くないとできない質問なので、そこまでたどり着くまでが難易度高いかもしれませんが、チャンスがあればやってみる価値ありです。



今日からできるアクション

飲み会など機会があれば言いやすいですよね。職場でなんの前ぶれもなくいきなり質問すると相手はびっくりしてしまうのでご注意を💦


●さらにポイント


逆にあなたのパーソナルの部分を出していくのもありですよ。自己開示ってやつですね。


自己開示もいきなりやると引かれるのでタイミングが大切です。


オススメとしては仲良くしたい相手に相談にのってほしいと頼むことです。他の人には言えないけどあなたに話を聞いてほしいと頼むのです。


相手が目上の場合、自分を頼ってくれてるんだという気になり好意を抱きます。(同性でも異性でも効果ありです)


 

5、部下のやる気を上げるためのポイント


やる気がない部下がいる場合、生産性が高い他の従業員と組ませるのが最も良い方法ということがわかっています。


組ませることがなくても隣に座らせるなどとにかく近くに配置することがポイントです。


なぜなら周りの人や環境によって人間ってやる気が全く変わるからです。

これを言うと生産性高い従業員がやる気のないヤツに引っ張られるんじゃないの?と心配されるかもしれませんが、


生産性の変動が明らかにわかるようにしておくと、やる気のない従業員にとってみれば、自分が手を抜いたのがバレるのでサボりにくくなります。


逆にやる気のない者同士を一緒にするのはお互いに足を引っ張り合うのでご注意を。


 
追加ポイント

部下を褒めてのばした方がいいのか、叱る方がいいのかどっちがいい?みたいな議論って行われることが多いと思うんですが、結論、褒める方がいいということは世の中でも言われていますよね。

さらに結果よりも過程を褒めることが大切なこともご存知だと思いますが、ここにもポイントがあって、良い結果が出た時や的確な努力をした時のみ、過程を褒めてあげましょう。

部下が仕事に関する参考資料を集めるのに1日中かけて本屋を探しまわってやっと見つけましたよ!!俺頑張りました!!

ってことを報告されても良く頑張ったとはならないですよね?

いやいや、ググれよ。。。ってなると思います。

まぁこれは極端な例ですが、結果に繋がるような過程に対して褒めてあげるのがベストです。



 

6、言いたいことを伝えるための工夫


相手になかなか伝わらない。理解してもらえない。と悩んでいる人が多いですよね。

伝わらないのは話がまとまっていない可能性がありますので話す内容の構成をまとめる練習をするのがオススメです。

どれだけコミュニケーションが苦手な人でも練習次第で上手くなりますよ。

伝えるための3つの確認事項

・5W1Hは入ってるか。
いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのようにが要素として入ってるかを確認します。絶対使わないといけないわけではないですが、意識してると文章をまとめるのが上手になってきます。

・情報量は多すぎないか。
一気に多くのことを説明しようとしても相手は理解できません。1つずつ相手が理解したのを確認してから話すように心がけましょう。

・具体的な表現を使ってるか。
「なるべく早く」のように曖昧な表現ではなく、「何月何日までに」のように具体的に伝えるのも大切です。

 
補足ポイント

例え話ができるとさらに伝わりやすくなります。これは文章でも実際に話す時も同様です。

なぜなら人は言葉だけでなく頭でイメージできると物事を理解しやすいからです。相手のイメージを手伝ってあげるのが例え話なのです。

ポイントは相手によって例え方を変えることです。

例えば、子供に何か説明する時とおばあちゃんに説明する時では例えが変わりますよね?

子供にアニメのキャラクターで例えるのはいい例えですが、おばあちゃんにそれをしても余計わからなくなりますよね。

人は好みや価値観が違うので、この人野球が好きだから野球で例えてみようかな?とか相手の立場に立って考えてみるとより一層伝わります。

難易度は高いですが、練習してるとできるようになってきます。

文章としてしっかり構成を作りたいのであれば、主張「伝えたいこと」→理由「なぜなら」→具体例「例えば」→主張「伝えたいこと」の順番がベストです。

相手に伝わらない。わかってくれない。ではなくどうすれば伝わるかを考えて練習することが重要であり、その努力は日常生活や普段の会話以外に営業やプレゼンといった仕事の場においても役立ちます。

 

まとめ


人間関係の悩みって尽きないですが、人を変えようとしても変わりませんし、どちらかというと自分の考えを変える方が効果的かつ早いと思います。

色々試したけどやっぱり限界だって感じる場合は無理をせず転職も考えてくださいね。転職に対して昔のようなネガティブなイメージは減ってきてますよ。

転職に関する記事も書いてるので参考にしてください。感情に任せた転職はキケン!?転職前に考えるべきこと

 
心と身体の美プログラム

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

06-6599-9420

心と身体の美プログラム