BLOGブログ

2020年05月26日

行動を継続する3つの具体的方法 〜意志が弱いならプライド捨てて1ミリの成長目指せ!〜

好きなことを仕事に

成功するには
行動しろ!
行動こそ全てだ!

成功者がこのようなことを言ってるのを
目にしたり、聞いたりしたことありませんか?

 

確かに行動が大切なのはわかってるんですが、それでもなかなか行動に移せないし継続が難しいんですよね。。。
かつての自分もそうでした。新しく習慣を始めた一週間くらいの初動は勢い良いのですが、徐々にしりつぼみになり気付けば何事もなかったかのように忘れてしまう。

 

これを繰り返す内に自分って何も達成できない人間なんだって自信がなくなっていくんですよね。そんな風に自信をなくしてしまった人にとっては新しい行動を始めることに億劫になってしまう。すごく気持ちがわかります。

 

この記事では、以前の僕のように自分に自信がない人が、行動を継続できる体質になるためのステップをお伝えしていきます。考え方から、実際に僕のクライアント達にやってもらっている具体的な方法もお伝えします。

行動力を上げたいという方はぜひ最後までご覧いただければと思います。

 
この記事を書いたのは
長野憲次
転職歴27回の元プロボクサー
ボクサー引退後、パーソナルトレーナーとして空手五輪代表、プロ野球、ボクシングアジアパシフィックチャンピオンなど多くのアスリートのコンディショニングを担当。現在は健康経営の講師として働く人のメンタルをサポートしている。現在はお笑い芸人とコラボしたりたまに真面目に講演やったりしてます。

1 自己肯定感が1ミリでも上がると世界は変わる
2 毎日15分間セルフコーチング
3 目標設定は積み上げ型と逆算型どっちがいい?
  まとめ

 

 

1 自己肯定感が1ミリでも上がると世界は変わる


自己肯定感とは自分の存在を肯定する。自分は他人や社会から必要とされてる存在なんだと認識できているかどうかの値みたいなものです。自己肯定感が高い方が行動力や決断力、困難から這い上がる力も高いと言われているので人生において大切な要素です。

 

短期的思考とホメオスタシスを理解する


短期的思考
自己肯定感を上げるにはステップが必要なのですが、何か大きなことを成し遂げないといけないのではないかという錯覚に囚われてしまい、一気に挑戦して一気に挫折する人が少なくありません。人はいきなり大きな成果や結果を求めてしまいますが、いわゆるこれが短期的思考です。

 

ホメオスタシス
それに対して、人にはホメオスタシスという現状維持を好む性質があります。暑い場所でも寒い場所でも体温をいつも同じ温度に保とうとする働きも同じで、変化を拒むというのが本能で備わっています。だから新しいことを始めてもすぐにやめたくなるのは当たり前といえば当たり前なのですね。つまり変化したいのなら、このホメオスタシスに反しない程度にまずは小さく変化することを考えていかなければならないということです。

 

少しでも進んだことを認識して認める。


繰り返しになりますがどうしても人は短期的思考になりやすく、わかりやすい結果にこだわりがちです。例えばブログで収益を上げるために毎日記事を書いているんだけど、なかなか目に見える結果につながってない。もしかすると自分には向いていないのかも。とこんな風に思いがちです。

 

でもよくよく考えてみると、文章を作る能力が向上したかもしれないし、タイピングのスピードは上がったかもしれない。情報をインプットしてまとめる能力だって上がったかもしれない。そういったことに目を向けることで今までの努力も全く無駄ではなかった!!じゃあもう少し今度は読者に刺さるコンセプトを考えてみようかな?とかコピーライティングを学んでみようかなというように前向きになれるんですね!

これを読んでる方の中には、何をそんな甘いこと言ってんの?結果が出ない=すぐにその結果が出ない原因を見つけて改善だ!!って言う方もいるかもしれません。そんなことわかっています。でもこの記事は過去の僕のようにすぐに凹みやすいと人向けに書いています。まずは1ミリの成長を認める。その積み重ねが少しずつ自信となり将来の大きな結果につながると信じています。

どんな些細なことでもいいので一歩でも前進できたという部分を日々探しながら取り組んでいきましょう。

 

 

2 毎日15分間セルフコーチング

 

コーチングは聞いたことがあると思います。一方的に教えるティーチングではなく相手に行動を促して、自らの潜在能力を開花させるのを手伝うことです。それを自分自身に行うのがセルフコーチングです。実際に今までアスリートをはじめとする僕のクライアントの多くの人たちが効果を出した方法です。

 

今までこんな経験ないですか?
他人の相談に対しては冷静で客観的なアドバイスが言えるのに、自分がいざ同じ事で悩んだら冷静さを失ってしまい周りが見えなくなる。そんな経験をした事がある方少なくないと思います。恋愛の悩み相談なんかあるあるですよね。

 

他人にアドバイスをもらうことも1つの手だと思うのですがこれを自身で行います。セルフコーチングは毎日やることで少しづつではありますが感情に振り回されず冷静な判断ができるようになります。つまりストレスに強くなっていきます。
次の項目ではセルフコーチングの具体的な方法をお伝えしていきます。

 

セルフコーチングの具体的な方法


①まず紙とボールペンを用意します
②紙の真ん中に縦線を書く
③左側に自分が抱えている悩みや課題を1つだけ紙に書く
④もしこの悩みが他人の悩みだとしたらどのようにアドバイスするかを右側に書く
⑤そのアドバイスを再度見直してどのように感じるか率直な意見を左側(先ほど悩みを書いた続きに書いていきます)
⑥ ⑤で書いた意見に対して他人視点でアドバイスを右側に書く
※これの繰り返し

 

繰り返してる内に悩み解決のために何をすれば良いかの具体的なアクションが明確になればそこでストップです。明確になるまで繰り返してください。1つの悩みの解決策が出たら次の悩みでも同じことを繰り返します。
これやってみるとわかるのですがすごくスッキリします。

この方法の何がいいかというと、繰り返してる内に自分を客観的に眺めるのがうまくなっていきます。つまり嫌なことや困難があっても感情に振り回されず、冷静な判断ができるようになる可能性が大いにあります。

 

 3 目標設定は積み上げ設定と逆算設定どちらがいい?


 

目標設定において大切なのは具体的と明確さです。なんとなく目標を決めるだけでは行動にも繋がりにくく続きません。目標に向けてどんな行動をすれば良いかがわかりやすい方がいいです。目標設定の方法にはいくつか種類がありますが、主に下の2つに分けられます。

 

積み上げ型
まずゴールを設定し、それに向けて現時点から何ができるかを考えて積み上げていく方法です。
メリット ・今何をすべきかがわかりやすい。
デメリット・長期的な計画が立てにくい

(例)半年後に月収50万円達成が目標
今は月収30万だからまずは+5万目指して副業を始める
今すぐできる副業の情報収集を始めよう。

 

逆算型
ゴールを設定し逆算してやるべきことを小学生でもわかるように簡単に明確にする

メリット ・長期的なプロセスとやるべき事が明確になる
デメリット・ゴールにたどり着くまでに必要なプロセスの情報収集が最初に必要になる。(面倒臭いと感じる人も多い)

(例)半年後に月収50万円達成が目標

月額1万円のサービスをサブスクで50人に購入してもらおう

月額1万円のサブスクで売れる商品と販売方法を調査&設定
サブスクで販売できるプラットフォームを調査

お試しで購入できるサービスも考えよう

1万円の商品を買ってくれる人が50人ということは最低1000人の濃いフォロワーが必要

1000人の濃いフォロワーを集めるにはどのような情報を発信すればいいのかを検証&分析

ではまずは各SNSのアカウントを取得しよう

かなり雑に書きましたけどこのようなイメージです。
(書いた内容自体は適当なので参考にしないでください)

 

 

あなたが達成したい目標や、ジャンルによって必要な情報が異なってくるのでその辺りはしっかり調査する必要がありますがしっかりと成果を出したいなら逆算型の方がいいかもしれません。積み上げだと今すぐ始められるんですがプロセスや、やるべき事が曖昧なので途中でやめる可能性が高まってしまうのです。

 

逆算で考える事で集めなければいけない情報が増えるので手間はかかってしまいますが途中で挫折する確率が減ります。ぜひ逆算をして目標を立ててみてください。

 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか?
なかなか行動が続かない人にとって少しでも参考になれば幸いです。

行動が継続できないのはあなたの意志が弱いからでも、根性が足りないからでもありません。あなたは行動できないと思い込んでいただけです。諦めずにゆっくりでいいので一歩踏んでいきましょう!!

最後までありがとうございましたm(__)m
心と身体の美プログラム

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

06-6599-9420

心と身体の美プログラム