BLOGブログ

2020年04月08日

僕たちはコロナが過ぎ去るのを待っていてはいけない

好きなことを仕事に

緊急事態宣言がついに出ましたね。しっかり従って命を守っていかなくてはいけないのですが、自分で仕事をしてる人たちにとっては仕事を守っていく事も重要なわけです。

仕事の守り方ってそれぞれあると思うのですが、考え方として大きく2つのパターンに分かれる事に改めて気付いたので、将来的に得なのはどっちか考えてみました。

 

2パターンに分かれる仕事の守り方


僕の周りにはパーソナルトレーナーやインストラクターなどフィットネス業界の人が多いです。働き方は経営者、個人事業主、従業員など多種多様です。

話を聞いていると、コロナ騒動が過ぎ去ったら今まで通りの仕事があると信じている人が多数います。果たして本当に元通りに戻るのでしょうか?

 

●考え方パターン1
コロナがどのくらいで収束するのかわからないけど、収まったら以前みたいにお客さんが来てくれて、以前のように売り上げがたつ。だから今はなんとか耐えしのぐ。給付金も出るみたいだしそれまではなんとか耐える!と言って現状をとにかく守ろうとする。

●考え方パターン2
現状の生活を守る事を考えるのは当然。その上で今までのやり方を変える。制限された状態でできる事を考える。むしろ制限されてるからこそ強調される価値を探す。

この2パターンに綺麗に分かれるなと感じました。

確かに現状の生活を守らなくてはいけないので、そこは最低限やっていくべき部分だと思います。それに今まで積み重ねたものがあると思うので、それを守りたいって気持ちもすごくわかります。

でもコロナが過ぎ去った後の事を考えたらどうでしょうか?

 

例えば、会議室に集まらなくてzoom会議で十分。むしろこっちの方がコスパいいんだ!って気付いた人、少なくないと思います。そういう人たちってコロナが過ぎ去った後でも、わざわざ会議室を借りてみんなを集めますかね?

例えば、オンラインのパーソナルトレーニングでも十分に効果を感じられる。わざわざジムに通わなくてもいいから時間短縮になる!コスパいい!って感じた人も中にはいると思います。

そういう人たちってコロナが過ぎ去った後は、元のトレーニングに戻るかもしれないけど、オンライントレーニングも価値ある1つの選択肢になりますよね。

オンラインを例に出しましたけどそれだけに限らず、この大変な状況の中で様々なアイデアが出され、あっそれいい!って心動かされた人たちって少なからず存在すると思うしどんどん出てくると思います。

つまりこの変化が激しい時代において、新しい事にチャレンジしてる人=選ばれる可能性が上がる。現状維持してる人=選ばれる可能性が下がる。この図式になるのではないかなと思います。

こんな事書くと、お前は家族を持ってないし、店舗や従業員も持っていない。リスクを抱えた働き方をしてないからそんな事言えるんじゃないか?って言われそうなのですが、まぁそれは確かにそうかもしれないです。

ただ間違いないのは、現状維持にフォーカスするより挑戦しようって思う方がよっぽど精神的には楽なのです。人間は自ら選択して行動できてる感覚を持つ事がモチベーションの向上に繋がると言われています。

いつ環境が変わるかわからない状況に怯えながら現状を維持する事にフォーカスするのではなく、どうせだったら新しいチャレンジをした方が逆にリスクないんじゃないかと思うのですがみなさんどう思いますか?

最後に行き着いたまとめがふんわりと抽象的になってしまいましたけど、個人的に思った事を書きました。大変な時期で気持ちが滅入ることあると思いますがお互い頑張りましょう!
心と身体の美プログラム

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

06-6599-9420

心と身体の美プログラム