BLOGブログ

2020年03月29日

コロナ騒動で個人事業主の僕らが考えなくてはいけない事。

ブログ 僕たちのこれからの生き方

これからの時代に必要な「レジリエンス」
困難な状況での対応力、逆境を跳ねのける力、逆境をチャンスにする力、又は復元力と訳されたりもします。

現代は時代の流れが早くすなわち環境の変化も早い。絶対に正解だと信じていた物が急に不確定なものになってしまう。終身雇用制度の崩壊もその代表的な例。 以前の僕のように環境に依存し、何かあれば環境のせいにするクセがある人にとっては厳しい時代になるかもしれません。

目次

1、新型コロナ騒動で浮き彫りになった事
2、ピンチで別れる4つの行動パターン
3、4つのパターンのそれぞれの特徴
4、変化し続ける人の特徴
5、最後に


新型コロナ騒動で浮き彫りになった事


※あくまで業界や仕事に対しての個人的な考えを書いてるだけなので、コロナ対策についての意見はあえてしておりません。

コロナの影響を受けている業界はたくさんありますが、フィットネスもその代表的な業界。 休館対応するスポーツクラブや、休館までは行かなくてもスタジオレッスンや1対1で行うパーソナルトレーニングが当面中止になってしまったという話をよく耳にします。ちなみに僕が企画していた3月4月のイベントは大小合わせて10件が中止。

フリーランスで活動するインストラクターやパーソナルトレーナーにとっては大きな影響があり、フリーランスという事は活動が止まる=収入も止まる。つまりかなり厳しい状況だという事です。

このような状況に置かれると、人の考え方や行動パターン、もしくはその人の本質みたいなところが浮き彫りになります。そしてそれらをパターン化すると大きく4つに分かれると思っています。




ピンチで分かれる4つの行動パターン


パターン1
自分の仕事関連の施設の対応や、政府の対策に不満ばかり漏らしている。他人や環境のせいにし続ける。

パターン2
現状(収入や仕事)をなんとか維持するために行動する。(現状維持バイアス)

パターン3
環境の変化に対して、これを新たなチャンスにできないだろうかという視点で思考&行動する。

パターン4
そもそも環境の変化にいつでも対応できるくらいに普段から思考&行動し、自らが変化し続けているので当たり前のように次の一手が打てる。

大抵の行動パターンとしてはこれら4つに分類できるのではないかと思います。

4つのパターンのそれぞれの特徴
パターン1は論外として、

パターン2は、生活があるのでもちろん必要最低限の収入は確保する必要があります。ただそれで終わるとその経験が次に活かされる事がなく何も進化しません。進化しない=後退になっちゃいます。

ではパターン3はどうでしょう。
逆境を乗り越える力。レジリエンス。これで充分じゃないかって思うんですけど、これだけだと遅いんですよね。今回身を持って体験しました。

文中にも書いたように、コロナ騒動で僕のイベントが軒並み中止になってしまい、一瞬落ち込みました。でもすぐ切り替えて「このピンチをチャンスに変えよう」って思い、良いアイデアが閃いたんですね!

「すぐ切り替えられる俺ってイケてる♪」って思ってましたが、その頃にはもう新たなビジネスを形にしてる人がいたんですよね。この状況にうまく合わせたビジネスを。

これは仕事のスピード感の違いもあると思うのですが、4の行動パターンを持ってる人なのではないかなと思います。

変化に対していつでも対応できる準備というか、そもそも本人にとっては自分が変化し続けるのが当たり前になっているんだと思います。

 

変化し続ける彼らの特徴


そんな風に変化し続ける彼らの特徴は、
仮説、行動、分析をひたすら繰り返していて、それの答え合わせを中毒のように楽しんでる。

これはハマった。あれは違った。これの繰り返し。とにかく手数がとてつもなく多い。これは個人事業主、経営者、アスリートなど関係なく。普段からそれをひたすらやっています。

考えてみたらスポーツなんて正にそうですよね?試合→仮説分析→練習→試合
これを当たり前のようにやっています。

しかし仕事においてはなぜかあまりしてこなかった。

クオリティーも大切だけど手数が大切。
クオリティーを求め過ぎては手数が減る。
逆に手数の積み重ねで勝手にクオリティーは上がっていく。

だから怖がらず手数を出していく必要が僕らにはある。そう思いませんか?

学ばせてもらった事を自分へのメモ書きとして書かせていただきました。長文を読んでいただきありがとうございました。

 

最後に


冒頭にも書きましたが、本記事はビジネスの視点で書いております。コロナ対策については専門家ではないので言及しておりません。

ビジネスをしてる人もそうでない人も終わりが見えない大変な日々を過ごされてる事だと思います。ただただ1日でも早い収束を祈るばかりです。



心と身体の美プログラム

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

06-6599-9420

心と身体の美プログラム