BLOGブログ

2019年12月11日

月曜日がだるいを防ぐオススメ休日の過ごし方6選

ブログ 疲れを回復

週末ゆっくり休んで過ごしてもなかなか仕事の疲れがとれない。

月曜日になると体がだるいし仕事に行きたくない。

週末の休み方に問題があるのでしょうか?

それとも他にどんな原因があるのでしょうか?

 

目次
1、 疲れがとれない原因
1-1、脳がダメージを受ける休日パターン
1-2、平日の疲れ持ち越しは危険
2、 脳が喜ぶ休日の過ごし方
2-1、自然と触れ合う
2-2、オススメ運動5選
3、 まとめ

 

1、疲れがとれない原因


基本的に仕事の疲れは脳の疲れと言われています。脳の疲れをいかにリフレッシュさせるかがポイントです。しかし多くの人が脳の疲れを持ち越したまま過ごしてしまいます。休日に一気に睡眠をとったりダラダラ過ごしたりします。それではなかなか脳の疲れはとれません。疲れをとるためのオススメの過ごし方をご紹介する前にまずオススメできない休日の過ごし方を解説します。

 

1-1 脳がダメージを受ける休日パターン




なんとなくダラダラ過ごすのはオススメしません。意図的にのんびりするのはいいのですが、「なんとなくが脳の疲労がとれない要因になってしまいます。例えばなんとなくダラダラスマホを見て過ごすこともあるでしょう。スマホを使うこと自体が悪いわけではなく様々な情報が一気に受動的に入ってくることが脳の疲れの原因です。

特にインスタなどSNSはスクロールするごとに友達の投稿が次から次へ流れてきます。1記事ずつしっかり読まなかったとしても、確実に脳は写真や情報を捉えていますので、無意識の内に脳が活発に動いています。

そしてもう一つダラダラ過ごすことによって余計疲れが溜まる理由は自責です。ダラダラしてしまった自分に対して自分はなんてダメなんだろ。自分を責めてしまう人もいると思います。実はこれも疲れが残ってしまう原因になってしまいます。


1-2 平日のストレス持ち越しは危険




職場のストレスがあると休日でも何かと考え込んでしまいがちです。休日まで仕事の課題を持ち越してしまうのは慢性的な疲れの原因になります。なんだかずっと体がだるいというような症状の原因にもなります。休日は仕事に関する情報や物とできる限り触れないようにしましょう。ストレスが溜まっているという方は感情のコントロールができるように練習することをオススメします。こちらの記事で方法を紹介しています。仕事ストレスの負のループから抜け出す意外な方法

 

 

2、脳が喜ぶ休日の過ごし方


絶対これをすればいいというのはありませんが、脳の疲労回復に効果が高いことが証明されている2つをご紹介します。

 

2-1、自然と触れ合う




自然と触れ合うとメンタルが安定するという様々な研究があります。メンタルを安定させるには自律神経の副交感神経を活性化するのがポイント。仕事で忙しくしている時は常に交感神経が活発になっているので、その両方のバランスをとるために自然と触れ合うというのが適しています。

自然と触れ合うというのは森林浴でもいいでしょうし、自然が多い公園などで過ごすのもアリです。又、動物と触れ合うのも同等に近い効果があると言われています。

オススメする別の理由としてはハードルが低いことです。呼吸法や瞑想はやり続ければ効果は高いですがなかなか継続できない人にとっては、ただ自然の中で過ごすだけでいいので楽ですよね。さらにお金もかからないので負担なくできる休日の過ごし方だと思います。

 

2-2、運動


もうこれは絶対オススメです。運動効果については昔から言われていますが、ここ数年でも新たに脳科学の分野での研究が世界中で発表されています。休日だけでなくできればもっと頻繁にやってほしいのですが。。。

ただ運動というと何か特別にスポーツを始めなくてはいけないと思ってしまいますよね?特に運動苦手な方にとっては苦痛かもしれません。そういった方は短時間で簡単にできるものから始めることをオススメします。




◆有酸素運動

手軽さ ★★★

有酸素運動で汗をかくのは気持ちいいですよね!ウォーキングやランニング、サイクリングなど幅広くありますが自分がこれならできそうだなと思うものをやればいいと思います。以前は有酸素運動は20分以上しないと意味がないと言われていましたが気にしなくて大丈夫です。仮に10分間だけでも効果あります。

オススメの方法

自然の中で有酸素運動をするグリーンエクササイズがオススメです。自然で過ごすということの相乗効果もあり疲れをとる効果が高まります。

 

 



◆ストレッチ

手軽さ ★★★★

毎日仕事で忙しくしていると交感神経が優位になり体が固まってしまいがちです。簡単なストレッチだけでもリラックス効果があります。家でもできるので気軽ですよね!YouTubeでストレッチと検索すればわかりやすい動画が数多くあるのでそれを参考にするのもアリです。

オススメの方法

ストレッチをする際に呼吸に意識を持ちましょう。体を伸ばす時にゆっくり息を吐くことでよりリラックス効果がアップします。

 

 



◆ヨガ・ピラティス

手軽さ ★★

継続すれば効果が高く体質も変わっていく可能性があります。始め方としてはスポーツクラブやスタジオに通うことになると思います。そういった意味で手軽さは星2つです。

オススメの方法

YouTubeで検索すると本格的なものがアップされてるのでそこから始めてみてもいいかもしれませんね。まず家で始めるみてください。

 

 



◆筋トレ

手軽さ★★

筋トレに関して最近の様々な研究で脳に良いという事が証明されてきてますね。疲れの解消だけではなく長期的にしっかり取り組めば体型も変わり、自己肯定感の向上にも繋がるとも言われています。ただ休日だけ(週1)の筋トレではなかなか難しいかもしれないので最低で週2は行いたいものです。

オススメの方法

初心者の方はスポーツクラブに行くか、もしくはスクワットや腕立て伏せなど家で行えて尚且つ単純なものから始めるのもアリかと思います。筋トレもYouTubeでたくさん出てます。HIIT(高強度インターバルトレーニング)は最近ネットでよく見かけますね。バービージャンプやスクワットジャンプのように強度高めの運動を20秒程度を休憩を挟みながら行います。強度は高いですが5分程度で可能な運動なので追い込みたい方は挑戦してみてください。

 

 

◆その他スポーツ

手軽さ ★★
テニス、ゴルフ、ボルダリング など

楽しいし仲間もできていいのですが手軽さは欠けます。今までそのような習慣がなかった方や運動が苦手な方にとってはハードルが高いかもしれません。


まとめ


いかがでしたでしょうか?無意識にやってたことや、よかれと思ってやっていた休日の行動が慢性的な疲れの原因だったのかもしれません。ぜひこれをキッカケに休日の過ごし方を見直していただければと思います。ちなみに僕は近所の公園で筋トレをするのが日課です。さすがに冬は家で行います(笑)
心と身体の美プログラム

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

06-6599-9420

心と身体の美プログラム