BLOGブログ

2018年12月11日

「好きなことを仕事に」この言葉の落とし穴

職場ストレス

好きなことを仕事にしようという
言葉を最近よく聞きます。

確かに好きなことでご飯を食べて
いけるのは素敵なことですし、
それは可能だと思います。
だけどこの言葉には少し危険性もあります。

この言葉を直に受け止め過ぎると
今の仕事に対しての不満感が
助長されてしまい、
理想と今を比べることで
どんどん不足探しの毎日に
なってしまいます。

不足探しのクセがつくと、
本当はあったかもしれない
今の仕事のやりがいや
魅力に対して盲目になってしまいます。
もったいないですよね。

僕は19歳から21歳までの
2年間でアルバイトを
30箇所近くまわりました。

やりがいがないとか
人間関係がうまくいかないなど
人のせいにしてばかりいました。

30箇所近くも職場を変えたから
といって、
1度も理想の職場はありませんでした。
不足探しの旅をしてたんだから当然です。
自分が変わらなきゃどこ行っても一緒です。

今の仕事に不満をたくさん抱えているのなら、
逃げるために理想を追うのではなく、
現在の仕事を今より少しだけでも
楽しむ工夫はできないだろうか。

そんな「視点」を持ってみると
いいと思います。

それでもダメだった。
工夫はしてみたけどやっぱり
自分に合わない。

そうなればキッパリ捨てれば
いいと思うし、
工夫したことは次の職場で
活きてきます。

今あるリソースで目一杯楽しむことを
繰り返してると、
自ずと創造性も上がり色んな場面で
楽しめる自分に少しはなると思います。

その結果、
好きなことが仕事になってた。
ってことは往々にあります。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
心と身体の美プログラム

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

06-6599-9420

心と身体の美プログラム